従業員の離職率を低下させるために何ができるかというお問合せをいただくことがあります。そして、そういった取り組みをお手伝いさせていただくこともあります。

企業で人事や総務の業務に携われている方にとって、従業員の離職率が高まっているというのが悩みの種になっていることはきっと多いでしょう。転職活動のハードルが下がり、働き方が多様化していっている中で、今後さらに従業員の離職が企業内での懸案事項となるように思います。

本日は、その従業員の離職という問題に向き合ううえで、有効なシャイン博士の「キャリアアンカー」という考え方の有用性について書いていき...

本日は、弊社で行っているアサーショントレーニングの具体的な内容について記載します。アサーショントレーニングとは、波風を立たせずにしっかりと自己主張ができるようになるための考え方やスキルを身に着けるトレーニングです。

弊社キャリアストーリーのアサーショントレーニングのカリキュラムは以下の通りです。

 ①アサーティブな言動とそうでない言動との違いを理解

 ②自分にも相手にもアサーション権があるということを理解

 ③アサーティブなものの見方・考え方の獲得

 ④アサーションスキルの習得

それでは、順にどのようなことを行うのかを記載していきます。

①アサー...

エドガー・H・シャイン博士の「謙虚なコンサルティング」を読みました。エドガー・H・シャイン博士は、キャリアアンカーなどで著名な組織心理学者です。

コンサルタントとして、クライアントに対してのアプローチをする姿勢について、「ひとつのあり方」を提唱している本でした。それはシャイン博士のこれまでの50年以上の実践の中で見いだせれてきた考え方です。

そのあり方について、僕は非常に共感しました。企業や人を支援するすべての人にとって有意義な考え方だと思います。

今日は、その「あり方」とは何か。どうして僕が共感したのか。その「あり方」の有意義さについて...

この記事は、キャリコネニュースの記事(https://news.careerconnection.jp/?p=39440&page=2)を情報元として作成しております。

新人研修後に精神疾患を発症し、その後自殺したという痛ましい出来事があったようです。この記事だけだとそのあたりの因果関係の程度はわかりませんが、新人研修のあり方について考えさせられる事件です。

「意識行動変革研修」という名前の新人研修だったようです。

名前から考えるに、学生から社会人へと変わるにあたり、意識や行動も変えましょうねということを目的とした研修なのでしょう。その目...

Please reload

特集記事

JCDA出題のキャリアコンサルタント試験(実技)の論述問題の対策の方法と解答の作り方の解説。第6回試験問題の解答例付き。

December 5, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitter Basic Square

■ 所在地 ■

​愛知県長久手市下川原3-1-409

© 2019 by Careerstory

■ お問合せ先 ■

contact@careerstory.info

  • Twitter Social Icon