キャリコンサルタント試験の面接試験は、15分のロールプレイと5分間の口頭試問で構成されています。5分間の口頭試問も準備しないと不安ですよね。今回は、口頭試問で何を聞かれるのか、どう解答するのが良いのかというのを一緒に考えていきましょう。日本キャリア開発協会による面接試験についてになります。

口頭試問で聞かれる内容

口頭試問で聞かれる内容はある程度決まっております。何を聞かれる可能性があるのかを知るとともにどうしてそのような口頭試問がなされるのかという意図も考えていきましょう。まず、口頭試問で聞かれる内容は大体以下の4点です。

1.できたと...

テレビを観ているとYOLO族という見慣れない言葉が聞こえてきました。You only live onceの頭文字を取った言葉らしいです。「人生一度きり」っていう意味ですね。

人生一度きりだから、楽しもう?

テレビでは、エリート銀行マンが退職してストレスフリーなリゾート暮らしをしているというのを事例として放映していました。なんともテレビ制作者が好きそうなストーリーです。しかし、僕はこのような極端な生き方だけがYOLOを意味するとは思いません。

字面の意味を見ますと、人生一度きりという意味で、言外にだから一度きりの人生を大切に生きていこうとい...

キャリアコンサルタント試験の面接試験の評価区分は、主訴・問題の把握、具体的展開、傾聴の3つです。今回は傾聴について考えていきます。面接試験で目指すことは、信頼関係の構築と自己探索の支援だと面接試験対策の記事で記載しましたが、この二つにつながる姿勢が傾聴と言えます。傾聴とは、相談者の自問自答を促して、より深い自己理解に導いていく能動的な働きかけととらえることができます。傾聴を行えば、信頼関係の構築ができるだけでなく、自己探索の支援も行うことができます。つまり傾聴を制する者が面接試験を制するといっても過言ではありません。「傾聴」の姿勢を...

 キャリアコンサルタント試験の面接試験の評価区分は、主訴・問題の把握、具体的展開、傾聴の3つです。この3つについてできているかどうかが判断されていきます。それぞれは何を意味するのか、何を意識すればよいのかを試験対策として事前に明確にしておきましょう。

 今回は具体的展開です。具体的展開といわれてもなかなか意味をとらえるのが難しいですよね。カウンセリングにおける対応や意図を意味すると思われますが、難しいです。そこで、具体的展開とは何かと考えるなら、ずばり経験代謝だと考えるのが分かりやすく良いと思います。経験代謝については日本キャリア開発...

 キャリアコンサルタント試験の面接試験の評価区分は、主訴・問題の把握、具体的展開、傾聴の3つです。この3つについてできているかどうかが判断されていきます。それぞれは何を意味するのか、何を意識すればよいのかを試験対策として事前に明確にしておきましょう。

 今回は、主訴・問題の把握についてです。さてここでいう主訴とはなんでしょうか。主訴の文字通りの意味は、相談者が主に訴えているところです。カウンセリングの開始当初に、「今回はどのようなご相談で来られましたか?」と相談者に来談目的を聴きます。この来談目的が来談当初の主訴となります。大抵これは...

キャリアコンサルタント試験の面接試験って、何の準備をしたら良いのでしょうか。ただひたすらロールプレイングを行うのも良いですが、大事なポイントを明確にしたうえでロールプレイングを行えばもっと効果的に練習を行えます。

日本キャリア開発協会の大事にしているポイントを確認しながら、面接試験のためにも身に着けたいキャリアコンサルタントとしての姿勢をはっきりとさせていきましょう。

次の順に記載してあります。

1.面接試験の概要を知る

2.「信頼関係の構築」について

3.「自己探索の支援」について

1.面接試験の概要を知る

試験時間は20分です。

面接試験は、1...

Please reload

特集記事

JCDA出題のキャリアコンサルタント試験(実技)の論述問題の対策の方法と解答の作り方の解説。第6回試験問題の解答例付き。

December 5, 2017

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア
  • Twitter Basic Square

■ 所在地 ■

​愛知県長久手市下川原3-1-409

© 2019 by Careerstory

■ お問合せ先 ■

contact@careerstory.info

  • Twitter Social Icon